自社ホームページのリニューアルを成功させる方法-お悩み相談Q&A

 

White Button with Web Traffic on Computer Keyboard. Internet Concept.

ディレクターバンクの烏田です。企業のデジタルマーケティング運用に関する様々なご相談や課題に、経験豊富なディレクターからのアドバイスをご紹介している「お悩み相談Q&A」。

今回は、「自社のホームページが今っぽくないのでリニューアルしたい」というご相談です。

 

今回のご相談内容

自社のホームページが古くなったので、リニューアルしたいです。

6年ほど前に自社のホームページを立ち上げました。スマートフォンでの表示にも対応し、当時としては最先端のホームページだったのですが、現在はやや時代遅れになってしまったと感じています。

社長からも「我が社のホームページは、今風(いまふう)じゃないので刷新せよ」という指示が降りてきています。リニューアルしたいと考えているのですが、リニューアル費用概算の見積もりをお願いできますか?

 

ディレクターからのアドバイス内容

まずは、「なに」を「どうしたい」か整理しましょう

ホームページの見た目が古くなったからリニューアルしたいというのは、重要な課題感です。ホームページは、自社のイメージにつながるので、ブランディングにも大きく寄与するものだからです。デジタルマーケティング上のイメージ戦略としてホームページの役割を考えるならば、デザインを刷新するという目的でリニューアルするのもよいと思います。

ただ、ホームページつまりWebサイトのリニューアルには、制作料金だけでなく時間と人的労力というコストもかかります。

もし、ただ単に「古臭いから新しくしたい」というだけの理由でリニューアルするのであれば、リニューアルすること自体が目的になってしまわないよう、何のためのリニューアルなのかをはっきりさせておくことが大切です。

ホームページが担う役割・目的が明確でないなら、いきなりコストをかけてリニューアルをする前に、まずそこを明確にすることをおすすめします。ある程度の役割は決まってはいても、「何かうまくいっていない」と感じているなら、改めて見直しをしましょう。

ブランディングではなく、より具体的に「商品に関する問い合わせの受け付け」とか、「自社の最新情報・お知らせの発信」など目的が明確になったら、ホームページに必要な機能や改善点も具体的になります。

ホームページの「なにを」「どうしたい」というポイントが整理されれば、制作コストの相場感や具体的な概算も見えてきます。

 

リニューアル後の社内の運用も考えておく

ホームページのリニューアルをよりよいものにするためは、リニューアル後の情報コンテンツの更新など運用に関しても、以下のような点をふまえて事前に検討しておくことが必要です。

  • 情報コンテンツの作成・更新の頻度、内容
  • 運用に関わる担当者のリテラシー
  • 外部の運用代行業者等への運用委託の有無
  • お問い合わせ対応のフロー
  • ホームページへ集客するための広告運用 など

新しくした後に使うことを考えて、情報の更新や追加を行う管理機能はどういったものにするのか自社の人的な環境や状況に合ったしくみを整えます。

また、新しいホームページがどういう状態なのかをきちんと把握できるようアクセスデータ環境の整備もあわせて行います。

なお、うっかり忘れがちですが、リニューアル後にリニューアル効果を分析するために、リニューアル前のアクセス状況を控えておくのも忘れずに。

 

社内の意識合わせ、KPIの共有を

私自身が企業のホームページのリニューアルをお手伝いする場合、できるだけ途中経過も社内で共有しながら進めていただけるよう、担当者の方と相談しながら進めていきます。特に、社内のステークホルダーの意識合わせが難しそうだなと感じるケースでは、前手前手の情報共有を意識します。

最終的に出来上がった時点で、NGとなってしまう最悪のケースを回避するためです。

デザイン案だけでなく、ホームページの役割・目的とKPIについて、社内で共通認識ができていることが、ホームページのリニューアル成功のためには欠かせません。

デザインは、個人的な趣向や感性によって好き嫌いがあり評価は分かれるものです。しかし、今回のホームページリニューアルによって実現しようとしている「なに」を「どうしたい」についてきちんと共有できていれば、ぶれることなくリニューアルの効果を評価してもらうことができます。

KPIとしては、例えばホームページの目的が「問い合わせの受け付け」なのであれば、次のような項目が考えられます。

  • 問い合わせ数
  • 問い合わせフローにたどり着いた数
  • コンバージョン率

ホームページのリニューアルは、「なに」を「どうしたい」か次第で、技術的なやり方はいくらでもあります。最適な方法を選択して成功に導くためには、まずは「何のためのリニューアルなのか」を社内の共通認識として明確にすることが第一歩です。

 

教えてもらった担当ディレクター

中西 妙子 さん

5_largeWebディレクター

2007年より大手IT企業にて法人向けサービスを中心にWebサイトのディレクション、制作を担当。2018年よりフリーランスとして活動中。

 

 


ディレクターバンクでは、企業のデジタルマーケティング担当者様と一緒になって、効果的なホームページリニューアルの企画支援並びに運用支援を行う運用代行サービスを行っております。自社のホームページ運用でお困りの点がございましたら、お気軽にご相談ください。

ホームページリニューアル企画支援