"ディレクターバンクブログ" 一覧

2030年の人手不足データほか - ディレバン・メンバーの気になるWebサイト(2019年8月)

AdobeStock_103169896

ディレクターバンク(略してディレバン)の烏田です。ディレバン・メンバーが独自の視点で、いま気になるWebサイトやアプリをご紹介する連載の第二回をお届けします。

選択基準は、それぞれが「いま気になっている」ということだけ。メンバー同士も、お互い何を持ってくるか知りません。さて、今月は、何が出るでしょう? さっそくご紹介します。

※()内は、紹介者です。

 

2030年の労働市場を想像してみる。(棟近)

screencapture-rc-persol-group-co-jp-roudou

労働市場の未来推計 2030
https://rc.persol-group.co.jp/roudou2030/

パーソル綜合研究所が推計した2030年時点での人手不足データ。
2017年、日本国内では121万人の人手不足だったが、これが11年後、5.3倍の644万人ほどに膨らむとのこと。

644万人の人手不足を埋める方向性も示唆されていますが、女性や老人や外国人が今以上にもっと働けるようになっても、人手不足枠の54%しか埋めることができず、残りの46%は「今より生産性を上げる」ということで解決するしかないとのこと。(何気に根性論)

で、「今より生産性を上げる」ための具体的な策として、AIやRPAといった「自動化技術」が挙げられています。

AIとかRPAって、競争力がある大企業が取り組み始めているイメージがありますが、本来はもっと小さな中小企業や、サービス業界など、人材獲得しづらい組織こそが、積極的に取り組むべき施策なんでしょうね。

また、AIやRPAは今のところ管理部門の効率化やコスト削減の文脈で語られていることが多いですが、こういった中小企業やサービス業界の場合、マーケティングや接客といったフロント部分での適用効果のほうがメリットは大きいような気がします。

ということで、これからデジタルマーケティングも、ますますAIやRPAとセットで考えていく時代になっていくんでしょうね。(
棟近

 

『発言小町』には、仲間がいた。(鶴久)

screencapture-komachi-yomiuri-co-jp

発言小町
スマホ版)https://okspi.yomiuri.co.jp/top.jsp
PC版)https://komachi.yomiuri.co.jp/

五十肩になった。けっこうしんどい。

原因とか治療法とか探すのだが、なかなかちょうど良いサイトが見当たらない。周囲の先輩たち(経験者)に聞いても「そのうち治る」「いつの間にか治った」くらいの情報しかない。「そのうち」とか悠長なことは言ってられない。とにかくつらいのだ。

そんな中、たどり着いたのが『発言小町』。
YOMIURI ONLINE内のネット版井戸端会議的なコーナーだ。

発言小町には、五十肩に関する相談やお悩みの投稿と、それに対するコメントがたくさん集まっていた。ほとんどは、現役の五十肩パーソンに対して、五十肩経験者の先輩達が励ますという構図だ。実体験に基づいた非常に良いやり取りがなされている。サイト内検索して、関連投稿を読み漁った。

補足しておくと、五十肩は原因がはっきりしないが、ほとんどは時間がたてば(半年~2年)痛みは消えるというのが定説らしい。つまり、この半年~2年をどうやり過ごすか?ということになる。先ほど、「悠長なことは言ってられない」と書いたが、発言小町の投稿を読んだ今は、悠長に待つしかないかあ・・という気分になっている。

たぶん、いまの私にとって大事なのは治療に関する情報ではなく、共感だったのだろう。
五十肩は何も解決してないが、少しが気が楽になった。ありがとう。発言小町。

ちなみに、発言小町には五十肩以外の投稿も多数ある(むしろ五十肩ネタはごく一部だ)。現在のアクセスtop3はこんな投稿だ。

・彼女の機嫌が直らない
https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2019/0817/910282.htm?g=11

・妻の使い込み
https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2019/0813/909813.htm?g=06

・ご近所BBQの参加者について、仲間外れと通報された
https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2019/0819/910500.htm?g=06

お時間ある時にでも、アクセスしてみてはいかがだろう(五十肩とは関係なくなった)。
鶴久

 

野生動物のパワーをチャージする『デジタル岩合』(烏田)

screencapture-olympus-co-jp-features-iwago

IWAGO - 動物写真家 岩合光昭 -:オリンパス
https://www.olympus.co.jp/features/iwago/

岩合光昭である。

被写体(猫)に語りかけたり、被写体(猫)の行動について解説したりコメントしたりしながら撮った猫の映像が、可愛すぎたり楽しすぎたりするテレビ番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK)でも話題の御大。自然体のストリート猫の写真で人気の動物写真家です。

その岩合さんの公認ウェブサイトです。オリンパスグループ企業情報サイトの中にあります。

ずうっと昔から、時々のぞきに来ています。いつごろから見てるんだっけとメールマガジンの受信履歴をさかのぼりましたところ、なんと2009年までさかのぼっちゃいました。少なくとも10年もの間、のぞき続けていたことが判明。いやこれは、よくぞ10年も続けてくださったと言うべきか。

見始めた当初、『デジタル岩合』と銘打っているのをみて、デジタルな発表の場で試行錯誤するクリエーターの方々の気概とか迷いとかに思いを馳せたものでした。十年一昔。作品をネット上に公開するって、心情的にも技術的にも今よりずっとハードルが高かったはず。

そんな『デジタル岩合』さん。久しぶりにのぞきにきたら「ネコギャラリー」が充実していて、お熱が再燃しております。国別にいろんな猫ちゃんが楽しめます。時々、人間も猫と一緒に写っていますが、人間の方は国籍・老若男女問わず、みんな一様にデレデレしています。

猫以外にも、様々な野生動物の写真を愛でることができます。「イヌギャラリー」もございます。

お仕事などで疲れたときに、岩合さんの生命力あふれる動物写真でパワーチャージされてみてはいかがでしょう。(
烏田

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
烏田千洋

烏田千洋

ライター/ディレクター。大学卒業後、ニフティ株式会社にて、広告宣伝、会員データマイニングによるリテンション・アップセル等に従事。着物好きが高じて銀座の着物小売店へ転職し、EC運営を担当。その後、女性誌サイトの事業化推進メンバーとしてWebディレクター、クックパッド株式会社の新事業CGM企画運営、企業オウンドメディアの制作運営等、Webメディア運営実績多数。個人プロジェクト、日本のいいね!が、見つかるメディア『japonism(ジャポニズム)』編集長 https://japonism.jp/

9/26(木)デジ勉開催!イケてるチームが当たり前にやってる開発プロジェクトの進め方

インスタグラムの企業アカウント“アクティブ・フォロワー”の増やし方

より多くの記事を参照してください 烏田千洋

関連記事

デジタルマーケティング運用代行サービス

web担アシストアイキャッチ-300-158

MA導入支援サービス

MA導入支援サービス_OGP

Web担当者向け資料ダウンロードサイト

Web担当者向け資料ダウンロードサイト