営業面で新しい取り組みを開始しました

月報アイキャッチ_鶴久2-1

■今月のトピック

1.いくつかの新規施策&サービス
・ギリギリだけど、なんとか進行中。
・営業面で、5月から新しいパートナーの方にサポートいただくことになった。年末くらいから、新規営業の幅を広げようと試行錯誤していたが、ようやくスタート。
・その他、いつくかの施策&サービスは、追って当ブログでご案内出来ると思うので、今しばらくお待ちいただきたい。

2.新規のディレクターさん面談:3名
・現場叩き上げInstagramコンサルタントさん
・フォロワー獲得が大得意のSNSディレクターさん
・制作会社でのクライアントワーク&事業会社でのWEBマスター経験のあるデザイナーさん

 

■振り返り

営業面で、新しい取り組みをスタートした。手応えあり。
従来のマーケティング&営業手法の強化ではなく、新しい手法へのトライになる(詳しくは書けないけど)。

なので、ディレバンとしても今までと同じことをやっていても上手く行かないと思う。
しばらくは試行錯誤あるかと思うが、パートナーの力を借りつつ良い結果につながるよう進めて行きたい。

ただ、コロナ自粛は想定外だった。営業的な取り組みを開始するには時期が悪いかも・・と思い着手を遅らせようかとも思ったが、結果的には手応えアリで、このタイミングで良かったと思っている。

こんな時期だけど、着々と次の準備を進めている人や企業は、当たり前だけどちゃんといる。

ディレバンとしても、営業面以外に新しい取り組みや新サービスの準備、体制面での強化や見直しを進めたりと色いろな仕込みを進めていたが、複数のクライアントさんからも、新規のご相談をいただき、パートナーのディレクターさん達といつくかのプロジェクトを立ち上げたり、既存のチームを増強したりと、なかなか慌ただしい5月だった。

コロナ自粛も徐々に薄まり、6月にはアフターコロナ・ウィズコロナで、新しい働き方の企業活動が再開することだろう。

6月になったら、もう夏である。
そして夏といえば、Summertime Blues(色いろあるが、The Whoでお願いしたい)だ。

「暑い夏がそこまで来てる」の気分で、6月を迎えたい。