オンラインセミナーをやって気づいたこと

■今月の活動トピック

オンラインセミナーをやって気づいたこと

今月のテーマは「HubSpotで構築する、オンライン営業チャネルとしてのWebサイトリニューアル入門」と、「失敗しないオウンドメディアの作り方〜オウンドメディア運営が継続する8つのヒント〜」。
どちらも、ディレクターバンクの事例を盛り込みながら、実際にWebマーケティング現場に携わっている方にとって、具体的なヒントになるような内容で構成してみました。

今まで5回ほどオンラインセミナーをやってきた訳なんですが、その中で私なりに気づいたことを3点ほど、簡単に共有したいなと思います。

 

1.新規の出会いだけでなく、既存のお客様や商談中のお客様の参加も多い

これらのオンラインセミナーは、もともと新規商談開拓の一環として始めたのですが、案外、既存のお客様や、商談進行中のお客様の参加が高いなぁ、というのがまずの気づきでした。

オンライセミナー後、既存のお客様との個別MTGでも、オンラインセミナーのテーマに関する新規のご相談もいただいたりして、新規商談開拓だけではない、既存のお客様とのリレーション強化のためにも意味のある取り組みだなぁ、と感じました。

 

2.オンラインセミナーの申し込みは開始ギリギリまである。

オンラインセミナーの申し込みは、開始5分くらい前の駆け込み需要ってかなりあるという気付きもありました。
リアルのセミナーに比べて気軽に参加しやすいということもあり、ユーチューブの動画を見るような感覚で、「今日何かいいオンラインセミナーないかな」といった感覚で参加される方も一定数いらっしゃるような気がします。

もちろん、そのような参加もウェルカムなので、今まではある程度バッチ処理的に対応していたオンラインウェビナーのURLの通知を、申し込み後リアルタイムに通知する運用に先日変更しました。

3.具体的な事例や、経験に基づくノウハウの共有を求めている。

オンラインセミナーの事後アンケートを見ると、具体的な事例の紹介や、経験に基づくノウハウに対して、参加者のニーズが一番高かったことも気づきとしてありました。
もちろんこれらはある程度事前に想定していましたが、改めて認識した気づきになります。

今後もこのオンラインセミナーを通じて、ディレクターバンクならではの具体的な事例や経験に基づくノウハウの共有を積極的におこなっていきたいと考えています。

オンラインセミナーのこれから

来月も引き続き月2回体制でオンラインセミナーを予定しています。(本当はもっとやりたいのですが、徐々に強化したいと思います!)

HubSpot活用やオウンドメディアのノウハウなどの他に、来月は、外部のWebマーケティング人材をどうやって活用するか、といった新しい切り口についても企画しています。

また、日程が決まりましたらこのブログでご紹介させていただきたいと思います。

もちろん、こんなテーマでオンラインセミナーを実施してほしいというご希望がございましたら、気軽にディレクターバンクまでリクエストいただければと思います。

新規CTA